植毛の方法

植毛の方法と内容についてチェックしよう!

植毛の方法は、頭皮に直接埋め込む方法で、費用が掛かる分、髪の毛が定着してしまえば自然な仕上がりになることが特徴です。
施術を行うサロンによって値段は異なりますが、方法としてはほとんどが同じです。

用いる毛髪により、人工植毛と自毛植毛の2種類に分かれます。
人工といっても安全面もクリアしていて、本物と区別がつかないほどリアルな髪の毛であることが特徴です。

ただ、人によってはアレルギー反応が出たりして、体が受けつけないこともあります。
植毛は念入りなカウンセリングの元で行われます。また1本1本手作業で行うので時間が掛かってしまうのも特徴です。

基本的には入院の必要はありませんが、場合によっては数日~数週間程度は痛みが出ることもあります。
また術後数日~数週間は、髪の毛を洗うのは禁止です。

自毛植毛の場合は、後頭部の部位から毛根を採取し、それを気になる箇所に移植していきます。
自然な髪の毛のように仕上げるには高い技術力が必要になるので、医師選びは重要なポイントとなります。

自毛のメリットは定着率が高いことです。
ただし人工植毛よりもコストが高くなります。

植毛の流れや詳細を動画で確認

植毛の方法は実際にYOUTUBEなどの動画サイトで簡単にご覧いただけます。

こういった動画を見ると、植毛の流れや方法を簡単に知ることが出来ます。
実際に動画では分からないことは、徹底したカウンセリングで確認していくことになるので安心してください。

施術方法ですが、サロンによりじつに様々ですが、メジャーなものをご紹介します。

・パンチ式植毛法
採取した髪の毛を、10本で1つと考え、それを脱毛部位に移植する方法です。
この方法は現在では一般的ではありませんが、昔よく行われていました。

・マイクロ植毛法
先述のパンチ式植毛を改良したもので、細かく自然な仕上がりを目的とされている方法です。
髪の毛を、最小1本から最高で5本程度までを1つとして移植する方法です。
その為、見た目の印象はパンチ式よりも良くなります。

・FUT植毛法
現在最も一般的な植毛法です。
仕上がりが自然で最も綺麗です。
他の施術よりも定着率が良いのも特徴です。

植毛の相場ですが、脱毛症の部位や髪の密度によって値段が異なります。
一般的な相場は100万円以上となります。

脱毛症になって諦めてしまった方も、植毛技術を用いれば、再び髪の毛を呼び戻すことが出来ます。
植毛は非常に高い技術力が必要な施術なので、クリニックなどは慎重に選びましょう。