増毛と植毛の違い

増毛と植毛の違いを知ろう!

髪の毛を生やしたり増やしたりするには「増毛」と「植毛」という方法があります。
これらの違いについて知らない方も多いと思いますのでご紹介しておきます。

まず増毛とは、元々ある髪の毛に、人工毛髪を結びつけたりする手法のことをいいます。
この要領で見た目の毛のボリューム感を増やしていきます。
実際の髪の毛自体はそれほど変化はないのですが、見た目の変化を与えます。

この手法は定期的なメンテナンスが必須で、これを怠ると機能しなくなるので注意しましょう。
また全て手作業となるので、本数に比例して費用がかかります。

次に植毛ですが、頭皮に直接、髪の毛か人工毛髪を植えつける手法のことをいいます。
直接埋め込むことになるので、医療資格がある人でないと施術できません。

また1本1本手作業で行うので時間と費用がかかります。
この方法は頭皮に定着させる方法となるので、見た目の印象が一番良いものとなっています。

増毛と植毛のどちらが良いか?

悩んでいる中年男性の画像

これに関しては頭皮状態に合わせて判断することが必須です。
これらの方法は実際に行うことで、最短で見た目を変化させることができますが、費用がかかってしまいます。

また増毛や植毛を行わない方の中で、生活習慣や食事によるアプローチをかけてじっくりヘアサイクルを整えて髪の毛を生やした人もいます。
どちらにもメリットがありますが、行う際は専門のサロンでよく相談をすることが大切です。
髪の毛は見た目の印象を左右させるだけに、特に重要な部分ですが、人に応じ対策が存在します。

このように増毛、植毛の違いを理解することでどのようなメリットがあるかを理解してもらえると思いますが、根本的に脱毛症や抜け毛を解消させるには基本の「生活習慣」「食事」が重要であるということを忘れてはいけません。
髪の毛のトラブルを解消させるにはこういった方法があるということも理解しておきましょう。